危険を察知

階段に手すりがあるととても安心

階段に手すりがあると安心して階段をのぼることができます。 手すりが無い階段などが、ごく稀にあることがありますが、体がいつ後ろに転んでしまうのか分からない不安があるため、手すりがある階段というものは、とても安心しながらのぼることができます。 特にどんどんと階段を上の階にあがっていくにしたがって、高いところに行く感覚が増していくものなので、手すりがあるとないとでは気持ち的にかなり違うものです。 また荷物などをたくさん持っている際には、手すりなどにつかまって階段をのぼることなどが多く、ないと荷物の重みなどもあり、さらにのぼることが困難に感じられることもあります。 このように、あるととても心が安心するものです。

手すりがあるとご高齢の方も安心

ご高齢の方には、特に手すりが必要となることが多いものです。 例えば、施設の階段や渡り廊下などでも手すりがあると、体を動かしやすく動きやすいというメリットがあります。 腰などがご不自由な方の場合には、特にこのような体を支えてくれる手すりが大切なものであり、あるとないとでは体にかかる負担などが大きく違ってきます。 何かよりかかるものがあると、安心感や安定感がとても増すものですので、手すりはなくてはならないものとなっています。 また、頑丈な手すりであればより体をまかせることができるため、とてもありがたいものです。 手を置いた際にも、体をよせやすいタイプのものがありますが、このような場合には移動などもとても安心して行うことができます。