バブル時代、就職氷河期を経て今の日本はどのように変わったのか

就職氷河期と現在の求人の違い

バブル時代、就職氷河期の時代とはどのような時代なのか

昨今の日本は、就職するには、資格も大事ですが、最終学歴も気にする時代になってきました。
昔は、中学校卒業をしたら働く方も沢山いらっしゃいました。
仕事は選べるだけあった時代なので、学業より家計を助ける為に、働く人の方が多い時代もあったのです。

今の時代は子供が小さいときから、将来のことを考えて、学資保険や、習い事をさせる親が増えているのです。
生まれたばっかりの子供に学資保険なんて早いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の子供が大人になったときに、困ることのないように、必要なことかもしれません。
自分がしたい事よりも、生活の安定が第一、将来の夢が仕事になっている人は、一握り
の事なのが今の日本なのです。

バブルといっても、国民が全員裕福だったわけではないのです。
ではバブルの時代に裕福だった人は心の底から幸せで、裕福な生活を今も続けているのでしょうか。
そうではないのです。
バブルの時代の経験をして、上の生活を見てしまっているからこそ、景気がわるくなっていき、給料も下がってしまうことに、受け入れられない大人も多いようです。
昔と同じ仕事の人は、給料が下がるたびに、落ち込み、挫折感に襲われるのです。
ちょうどそのころから、大人の引きこもりという言葉が広まったともいわれています。

これからの日本はどうなっていくのが正解なのか、子供はどのように教育をして、どのような大人になっていくのが、子供にとって幸せな生活を送れるのか。
過去の経験も踏まえて考える必要があるのかもしれません。

氷河期を作った原因のバブル時代

今の時代を生きる私たちにとって、好景気のバブル時代から就職氷河期と言われるほど不景気になってしまう時代は正直想像するのはとても難しい事ですよね。 まずはバブル時代、就職氷河期の時代は一体どのような時代だったのか知っておきましょう。 今の時代と比べると幸せなのでしょうか。

好景気から不景気になると就職事情にどのような影響を与えたのか

バブルの時代はどのような職業が人気だったのか、気になる所です。 あまりにも好景気になると、人のお金に対する考え方が変わってしまうかもしれません。 そんな好景気のバブル時代から、180度変わってしまった就職氷河期は一体どれくらい就職に影響したのか、比べてみました。

好景気、不景気を経験した今の日本の就職事情

好景気であるバブル時代、不景気でとても若者が苦労をした、就職氷河期の時代を経験した日本の今の就職事情はどのように変化したのでしょうか。 それぞれの時代を生きた人だからこその苦悩や、今の日本の子供たちの現在の将来の夢からこの先の日本がどうなるのか、少しだけ見えてくるかもしれません。